2010年 08月 23日 ( 2 )

脱原発福島ネットワークです。

福島第一原発3号機へのMOX燃料装荷をやめろ!
8.21現地行動


の開催を報告します。
福井、大阪はじめ遠方よりのご参加ありがとうございました。

東京電力がプルサーマル用のMOX燃料を福島第一原発3号機に装
荷する8月21日午前、立地町の双葉郡大熊町商工会館でMOX燃
料装荷の中止を求める集会を開きました。

地元大熊町はじめ福島県内各地、宮城県、茨城県、東京都、岐阜県、
大阪府、福井県など全国各地から市民が駆けつけ、参加者がそれぞ
れの思いを発言する中、下記の決議文を採択しました。

正午から、ジャンベの音が響く中、福島第一原発の正門前で東京電
力への申入れと抗議行動を行い、集会決議文を第一原発の広報部長
に読み上げて手渡しました。

母親も宗教者も全参加者がそれぞれの立場から心からの呼びかけを、
ソーラー発電を電源として拡声器を使い、東京電力に向けて行いま
した。また、東電が福島県を「電気のふるさと」などといっていま
すが「ここはわたしたちのふるさと」ですと、子どもたちを含む参
加者約50人全員が唱歌「ふるさと」を大合唱しました。

装荷時間の午後1時には、全員が正門前でダイインを行って、装荷
をやめるように訴え、祈りました。

東京電力は9月18日の原子炉起動、10月26日の営業運転開始
を狙っています。

わたしたちは、8月21日をプルサーマルを止めていく、新たな闘
いの宣言の日として、全国のみなさまと連帯していくことを誓い合
いました。


東京電力、国に説明会を求め、福島県に県民の意見を聴く会を開く
よう求めていきます。
わたしたちはあきらめません。


決議文を読む
[PR]

「沈黙のアピール」は、
8月23日(月)も、9:30~11:00 福島県庁西庁舎玄関前で
行います。


残暑が厳しくなっています。
アピールは日陰で涼しい場所でしています。
が、行き帰りは厳しいところがあります。 くれぐれも暑さ対策を。
[PR]
by nonukusfukushima | 2010-08-23 06:50 | 他グループから