<   2010年 09月 ( 36 )   > この月の画像一覧


9月7日(火)の「沈黙のアピール」は、
9:30~11:00 の間、
福島県庁西庁舎玄関前 で行います。


「沈黙のアピール」の参加者が、のべ200人を超えました^^。

原子炉起動予定日が迫りますが、真実の言葉をもって立ち続けます。
[PR]
by nonukusfukushima | 2010-09-07 06:45 | 他グループから
脱原発福島ネットワークを含む県内外21の市民団体は、9月3日(金)
福島県に対し、8月31日に県から文書回答を受けた10項目の質問の
うち、次の3項目に絞って再度公開質問状を出しました。

1.県民説明会を原子炉の起動前に実施してください
2.事前了解なしの実施は安全協定違反ではありませんか
3.使用済MOX燃料は県外搬出の目途はなく一旦立ち止まるべき
ではありませんか


当日は、「沈黙のアピール」「福島老朽原発を考える会」などから15
名が県庁を訪れ、9月9日(木)までの文書回答を県に求めました。

公開質問状の全文は、福島老朽原発を考える会のウェブサイトに掲載さ
れています。

9月6日の「沈黙のアピール」
[PR]

9月3日(金)の「沈黙のアピール」は、
9:30~11:00 の間、
福島県庁西庁舎玄関前 で行います。


本日は、再度公開質問状を提出します。

さて、8月31日に、公開質問状に対する文書回答が原子力安全対
策課からありました。
その内容を、以下に転記させていただきます。

県の回答
[PR]
by nonukusfukushima | 2010-09-03 08:14 | 他グループから

9月2日(木)の「沈黙のアピール」は、
9:30~11:00 の間、
福島県庁西庁舎玄関前 で行います。

[PR]
by nonukusfukushima | 2010-09-02 09:21 | 他グループから

脱原発福島ネットワークです。

急な呼びかけにもかかわらず、福島第一原発3号機のプルサーマル
に関する県民説明会の開催申入れのご賛同ありがとうございました。
全国から73団体+非公開8団体のご協力を頂きました。

8月31日、楢葉町の福島第二原発ビジターホールにて、首都圏か
ら駆けつけて頂いた方、「命の行進」の皆さんも参加して、県民説
明会を行うよう、あらためて東京電力に申入れました。

東電側はこれまで60回の地元説明を行った等と消極的姿勢を示し
ました。 しかし、県民レベルでの説明会は、1998年の事前了
解時には開かれたものの
今回一切開催されていないため、あらた
めて検討するよう強く主張し、9月10日までの回答を求めました。


大熊町の原子力安全・保安院 福島第一原子力保安検査官事務所
は、保安院側が建物への立ち入りを拒み、玄関外で受けるという、
これまでにない異例の対応に終始しました。


このため、前代未聞の対応に抗議して手交せず、内容証明で郵送す
ることなりました。 こちらも9月10日の回答を求めています。


第一原発3号機では、作業員の内部被曝はじめ放射能汚染水の水漏
れ等、次々に安全に係る事故が続発する状態です。 こんな中で、
プルサーマルを始めていいはずはありません。

9月18日の原子炉起動、10月26日の営業運転開始という事業
者、国、県の動きに、あきらめないで頑張りたいと思います。
[PR]

9月1日(水)の「沈黙のアピール」は、
9:30~11:00 の間、
福島県庁西庁舎玄関前 で行います。


知事がプルサーマル受け入れ3条件を示した頃から呼びかけ始めた
「プルサーマルやめて」のメッセージキルトが、
アピール参加者のメッセージが加わることで、
日一日と美しくなってきました。 

皆様にぜひご覧いただき、
キルトづくりに参加いただけるとうれしいです。
[PR]
by nonukusfukushima | 2010-09-01 08:46 | 他グループから