<   2010年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧


福島第一原発2号機の外部電源全喪失事故の情報公開と真相究明、
同3号機の高経年化対策、耐震安全性に関する東電交渉(お知らせ)


15日に告知した2010年7月期東電交渉の詳細が決まりました
のでお知らせします。

日時:
7月29日(木)午前10時より 

場所:
楢葉町 福島第二原発ビジターホール

内容:
1.福島第一原発2号機の電源喪失・水位低下事故の情報公開と真
相究明を求める申入書への東京電力の回答
2.福島第一原発3号機の貯蔵MOX燃料の健全性、耐震安全性、
高経年化対策に関する公開質問状への東京電力の再回答

今回の交渉のツボ
[PR]
by nonukusfukushima | 2010-07-27 11:12 | 参加の呼びかけ

●日時:
2010年8月5日(木)18:30~20:30

●場所:
大熊町農村環境改善センター 1階 特別研修室 
  大熊町文化センター・大熊町農村環境改善センター
  福島県双葉郡大熊町大字熊字新町1番地
  電話:(0240)32-6565 

●主催:
脱原発福島ネットワーク

●資料代:
500円

●チラシは下記のページからダウンロードできます。
http://nonukesfukushima.web.fc2.com/2010_08_05.htm

開催の主旨
[PR]
by nonukusfukushima | 2010-07-25 04:14 | 参加の呼びかけ

福島を核のごみ捨て場にするな
やめよう!プルサーマル市民集会


日時:
  2010年 8月 1日(日) 13:30~16:30

会場:
  いわき市文化センター 2階中会議室
    いわき市平字堂根町1-4 (電話 0246-22-5431)
    平中町高速バス停から徒歩2分、 JRいわき駅から徒歩10分
    地図 http://www.city.iwaki.fukushima.jp/map/1315/002551.html

講演:
  広瀬 隆 さん
    ~ 原発の耐震安全性と使用済み燃料のゆくえ ~

報告:
  阪上 武 さん
    ~ 福島県のプルサーマル受け入れ3条件確認の問題点 ~

資料代: 500円

主催:
  脱原発福島ネットワーク  kazu_obr(アットマーク)f3.dion.ne.jp

チラシはこちらから入手できます。

開催の主旨
[PR]
by nonukusfukushima | 2010-07-18 06:01 | 参加の呼びかけ

2010年7月期の東電交渉を下記の日程で行います。

日時: 7月29日(木)午前10時 開始

会場: 福島第二原発ビジターセンター

内容: 福島第一3号機プルサーマルをめぐる質疑 ほか
[PR]
by nonukusfukushima | 2010-07-15 04:07 | 参加の呼びかけ
7月14日付「福島民報」によると、前日の福島県知事定例記者会
見にて、内堀雅雄副知事は、福島第一原発での原子炉自動停止につ
いて、プルサーマル計画の受け入れに影響する事案ではないとの考
えを示した、とのことです。

副知事でさえ、福島第一2号機で6月17日発生した全電源喪失事
故の重大性が認識できていないことに茫然とするとともに、この事
故のことがまだ世間に知られていないことを痛感しました。

そこで、「東京電力と共に脱原発をめざす会」が、7月12日に
大熊町長と大熊町議会議長に要望した内容を、同会のご厚意により、
以下に転載します。 あちこちに転送・転載・ささやき・うわさし
てくださるとうれしいです。

要望書の全文
[PR]
by nonukusfukushima | 2010-07-14 16:09 | 他グループから

脱原発福島ネットワークが4月25日から賛同を呼びかけている
「老朽炉で安全審査の想定外の燃料を使わないで! 福島第一
原発3号機でのプルサーマルに反対する署名」 は、6月22日
に福島県と福島県議会に提出した後も、全国各地から続々届い
ています。

福島県議会が6月30日に6,941筆の署名を添えた請願を不採択
とした経緯は、当ブログで報告した通りです。

 県議会企画環境委がプルサーマル中止請願を不採択
 福島県議会はプルサーマル中止請願を不採択
 福島県議会の請願不採択について (声明)
 福島を使用済MOX燃料の墓場に仕向けた県議たち

その後、原子力安全・保安院、原子力安全委員会および福島県
は、それぞれ佐藤雄平知事が2月16日に提示した技術3条件の
検証作業を進めています。

しかし、6月17日に福島第一原発2号機で発生した電源喪失事故
の原因を 東電と保安院は電源リレーの誤接触に矮小化して幕引き
を図ろうとしています。 また、東電は、使用済みMOX燃料が発電所
内に放置される件、使用済み燃料の保管プールの水漏れの件など、
市民が疑問とする点に誠実に答える姿勢を見せていません。

このような中で、東電は9月23日に終了予定の第一原発3号機での
定検中にMOX燃料を装荷する方針を堅持しており、東電の目論見
通りに事態が進行するならば、最短で8月4日にMOX燃料が装荷
されると予想されます。

そこで、
「老朽炉で安全審査の想定外の燃料を使わないで! 福島第一
原発3号機でのプルサーマルに反対する署名」 の最終集約を
7月31日 (必着) で行い、
その翌週、福島県知事に署名を提出
することといたしました。

まだ、この署名を提出されていない方、また、最近になって福島での
プルサーマルを知った方は、至急、下記まで署名を送っていただきたく
存じます。 (ひとりだけの署名でも歓迎です。よろしくお願いいたします)

 〒971-8144
 福島県いわき市鹿島町久保於振1-2
 脱原発福島ネットワーク  宛

署名用紙は、下記サイトからダウンロードできます。
http://nonukesfukushima.web.fc2.com/2010_08.htm
[PR]
by nonukusfukushima | 2010-07-11 04:21 | 参加の呼びかけ

脱原発福島ネットワークを含む26団体は、7月6日、福島県に対し
「福島第一原発2号機電源喪失事故の原因究明と超長期に使用済
MOX燃料を貯蔵する燃料プールの漏水による環境汚染防止のため
プルサーマル中止を求める」要望書 を提出しました。

その後、県庁で要望について記者会見するとともに、要望の趣旨を
大熊町にも伝えました。

要望書の全文、および県庁での要望の模様を、へびいし郁子 郡山
市議のブログにてご覧いただけます。

 7月6日 県庁へ  要望書提出
 http://h-cosmos.blog.ocn.ne.jp/ikuko/2010/07/76_c023.html
  (へびいし郁子のチャレンジ 2010年7月7日)

賛同された各団体、当日要望に参加された県内外の皆さまに
厚く御礼申し上げます。
[PR]

7月6日(火)11時から福島県に要望する「超長期にわたり使用
済MOX燃料を貯蔵する使用済燃料プールの漏水による環境汚染防
止のためプルサーマル中止を」への賛同が続々集まっています。
5日(月)18時まで賛同団体を募集していますので、よろしくお
願い申し上げます。

さて、7月3日、仙台で開催された「プルサーマルいらねット」立
ち上げ集会の成果等を踏まえ、6月17日(木)に発生したとされ
る福島第一原発「2号機電源喪失事故」の解明を同3号機のプルサ
ーマルへの検討よりも優先するよう求めることを福島県への要望に
追加します。

したがって、要望書(案)のタイトルを、

   将来にわたって福島の自然環境を守るため、
   プール水漏えいの危険等について慎重に検討してください
   2号機電源喪失事故の解明を優先してください
   要望書(案)
   

と変更し、要望事項に

   一.外部電源が全て同時に遮断するという前代未聞の福島第
    一原発2号機電源喪失事故につき、現時点で明らかになっ
    ていることを東京電力に報告させ、県民に説明してくださ
    い。3度目の原子炉の急冷による影響について評価させ、
    結果を公表してください。


   一.2号機の事故の解明を優先し、プルサーマルに関する県
    の検討を中断してください。同型で同じ事故の危険をもつ
    3号機でのプルサーマル実施を止めてください。


を加えます。
[PR]

「超長期にわたり使用済MOX燃料を貯蔵する使用済燃料プールの
漏水による環境汚染防止のためプルサーマル中止を」の要望書を
次の通り、福島県に提出致します。

                記

● 日時: 2010年7月6日(火)午前11時30分より
 
● 場所: 福島県庁

● 対応者:生活環境部原子力安全対策課長

● 集合: 午前11時 福島県庁西庁舎2階県民ロビー

*要望書(案)は、下のリンク先にあるとおりです。
 7月5日(月)午後6時までご賛同の団体等を募集中です。
 詳しくは、http://nonukesfuk.exblog.jp/14701765/ を
 ご覧ください。

*当日参加していただける方は、
下記に、ご一報くださるようお願い致します。


E-mail   kazu_obr@f3.dion.ne.jp (@を半角に直して送信を)
[PR]
by nonukusfukushima | 2010-07-03 00:29 | 参加の呼びかけ

「超長期にわたり使用済MOX燃料を貯蔵する使用済燃料プールの
漏水による環境汚染防止のためプルサーマル中止を」の要望書を
7月6日、福島県に提出致します。

*要望書(案)の全文は、下記リンク先にてご覧いただけます。
 ぜひ多数のご賛同、ご協力をお願い致します。

   将来にわたって福島の自然環境を守るため、
   プール水漏えいの危険等について慎重に検討してください
   要望書(案)
   


賛同頂けるときは、下記メールアドレスに、団体名とご連絡先、県
名をお知らせください。提出以外非公開の場合は、「非公開」と明
記してください。(団体には、お店や●●有志や★★一族といった
方々も含みます。奮って賛同ください)

ご賛同の締め切りは、7月5日(月)午後6時です。よろしくお願
い致します。
E-mail   kazu_obr@f3.dion.ne.jp (@を半角に直して送信を)

要望事項及び要望の趣旨
[PR]