2006年 10月 02日 ( 7 )


1)  右下にある “Comments” をクイックしてください。

2) 記入できる窓が開きますので、そこに伝えたいことを記入してください。

3) “非公開コメント” にチェックを入れてください。

4) “投稿” ボタンを押してください。

これで、連絡したいことが、脱原発福島ネットワークに届きます。


<気を付けてね>
 ★ 連絡先(メールアドレス、電話番号、住所など)を書き忘れないように。
  連絡先がないと、返事の出しようがありません。
 
 ★ 時間には余裕をもって。
  翌日のことを今日連絡いただいても、目を通したのは終わってからに
  なりかねません。

 ★ 長文は分割して。
  余りに長い文章は、いくつかに分割して投稿されるのが無難です。

ご連絡をお待ちいたしております。
[PR]
 
このブログは、脱原発福島ネットワークが自らの主張と活動、及び
原子力に関連する福島県内の動きを伝えるために開設したもので、
議論やコミュニケーションを意図して開設したものではありません。

その開設趣旨に添って、このブログをご活用いただくために、以下
のルールを定めます。

続き
[PR]
 
脱原発福島ネットワークの公式ブログを訪れていただきありがとう
ございます。

このブログは、脱原発福島ネットワークが、その主張と活動内容を
皆様に伝え、東京電力などとの交渉や各種の集会、意思表示活動
などへの参加を皆様に呼びかけるために、2006年8月19日に開
設しました。 また、原子力に関連する福島県内の動き、とりわけ県
内の他の脱原発グループの活動も伝えることになると思います。

続き
[PR]
 
 
東京電力株式会社 社長 勝俣恒久 殿

 -前略- 2002年、貴社による不正事件発覚後、福島県は 「プルサー
マル計画は、その前提となる条件が消滅しており、白紙撤回されたものと認
識する」 と知事の見解を示しており、福島県議会も 「プルサーマル計画を
実施する前提条件が消滅したいま、本県においてはプルサーマル計画は実
施しないこと」 と全会一致で意見書を採択しているところです。

続き
[PR]
  
福島県知事 佐藤栄佐久 様

1.原子力委員会と東京電力に対し、「日本原燃(株)の再処理工場における
 『アクティブ試験』の実施前に発表される予定のプルトニウム利用計画に、 
 東電のプルサーマル利用分として福島県内の原発の名前が掲載された場
 合はこれを計画として認めない」 ことを、事前に文書で通知することを要望
 します。

続き
[PR]
 
2006年1月10日

                       プルサーマルに反対する市民25団体

電力各社が公表したプルトニウム利用計画は絵に描いた餅であり、
六ヶ所再処理工場を動かせば余剰プルトニウムをさらに増大させることになる。
原子力委員会は自らの責任で直ちに「妥当性なし」と判断すべきである。
六ヶ所再処理工場のアクティブ試験を開始することはできない。


続き
[PR]
 
東京電力株式会社 社長 勝俣恒久 殿

 再循環系配管のひび割れ見逃し問題は、2月に福島第二原発3号機で
交換して切り出した再循環系配管から新たな亀裂が発覚し、あるうことか
溶接痕だと思ったが亀裂で、3月23日、溶接部近傍の全周にわたるひび
を検査で見逃していたと発表しました。

続き
[PR]