原子炉起動の中止を求める9.17現地行動


使用済みMOX燃料をつくるな!
福島第一原発3号機の
原子炉起動の中止を求める
9.17現地行動 (お知らせ)


日時:2010年9月17日(金)
   16:00 東京電力福島第一原子力発電所
         サービスホール駐車場 集合
   16:30 申し入れ

   17:30 解散

場所:東京電力福島第一原子力発電所 正門付近
    (福島県大熊町)

備考:各自申し入れをしたい方はご用意ください。

   遠方の方は、メッセージを頂ければと思います。
   脱原発福島ネットワーク宛、メールをお願い致します。
   当日手渡します。
  ●締め切りは、9月16日(木)午後10時です。
   よろしくお願い致します。
    E-mail   kazu_obr★f3.dion.ne.jp

          (★を@に変えて送信してください)

  *あらかじめ都合のつく方は、脱原発福島ネットワークに
   ご一報ください。 

  *この告知をお知り合いはじめ多くの方に広めてください。
   転送・転載歓迎。




みなさま

全国から73団体+非公開8団体のご協力を頂き、8月31日に提
出しました福島第一原発3号機のプルサーマルに関する県民説明会
の開催申入れについて、9月13日までに東京電力から電話で、原
子力安全・保安院から文書で回答がありました。

いずれも、これまでの福島県原子力発電所安全確保技術連絡会での
説明や立地町、大熊町議会、富岡町議会、行政区、広報紙での説明
を挙げ「当面、追加の説明会の開催を予定しておりません」
(保安院)というものでした。

これは、県民への説明も、使用済MOX燃料の行き先も決まらぬま
まプルサーマル発電を強行するものです。 脱原発福島ネットワー
クは、東京電力がMOX燃料を装荷した福島第一原発3号機を県民
の反対を押し切って原子炉の起動を強行しないよう強く求めます。
福島を核のごみ捨て場にしてはなりません。

しかし東京電力は、MOX燃料を装荷した福島第一原発3号機を
9月17日(金)23時に起動し、翌日午前3時に臨界させる予定
です。


わたしたちは、原子炉起動予定時刻の前に、17日夕方、大熊町の
福島第一原発で東京電力に対しMOX燃料を使わないよう、3号機
の原子炉の起動中止の申入れを行います。


多数のご参加をお願い申し上げます。
[PR]
by nonukusfukushima | 2010-09-14 09:16 | 参加の呼びかけ