7月31日に最終集約します ~ 福島第一原発3号機でのプルサーマルに反対する署名


脱原発福島ネットワークが4月25日から賛同を呼びかけている
「老朽炉で安全審査の想定外の燃料を使わないで! 福島第一
原発3号機でのプルサーマルに反対する署名」 は、6月22日
に福島県と福島県議会に提出した後も、全国各地から続々届い
ています。

福島県議会が6月30日に6,941筆の署名を添えた請願を不採択
とした経緯は、当ブログで報告した通りです。

 県議会企画環境委がプルサーマル中止請願を不採択
 福島県議会はプルサーマル中止請願を不採択
 福島県議会の請願不採択について (声明)
 福島を使用済MOX燃料の墓場に仕向けた県議たち

その後、原子力安全・保安院、原子力安全委員会および福島県
は、それぞれ佐藤雄平知事が2月16日に提示した技術3条件の
検証作業を進めています。

しかし、6月17日に福島第一原発2号機で発生した電源喪失事故
の原因を 東電と保安院は電源リレーの誤接触に矮小化して幕引き
を図ろうとしています。 また、東電は、使用済みMOX燃料が発電所
内に放置される件、使用済み燃料の保管プールの水漏れの件など、
市民が疑問とする点に誠実に答える姿勢を見せていません。

このような中で、東電は9月23日に終了予定の第一原発3号機での
定検中にMOX燃料を装荷する方針を堅持しており、東電の目論見
通りに事態が進行するならば、最短で8月4日にMOX燃料が装荷
されると予想されます。

そこで、
「老朽炉で安全審査の想定外の燃料を使わないで! 福島第一
原発3号機でのプルサーマルに反対する署名」 の最終集約を
7月31日 (必着) で行い、
その翌週、福島県知事に署名を提出
することといたしました。

まだ、この署名を提出されていない方、また、最近になって福島での
プルサーマルを知った方は、至急、下記まで署名を送っていただきたく
存じます。 (ひとりだけの署名でも歓迎です。よろしくお願いいたします)

 〒971-8144
 福島県いわき市鹿島町久保於振1-2
 脱原発福島ネットワーク  宛

署名用紙は、下記サイトからダウンロードできます。
http://nonukesfukushima.web.fc2.com/2010_08.htm
[PR]
by nonukusfukushima | 2010-07-11 04:21 | 参加の呼びかけ