福島第一原発2号機の電源喪失・水位低下事故の情報公開と真相究明を求める申し入れ


日時:
2010年6月23日(水)午前10時より

場所:
大熊町 東電福島第一原発 サービスホール

内容:
福島第一原発2号機の電源喪失・水位低下事故の
情報公開と真相究明を求める申入書の提出          

※ 東電交渉(既報)の冒頭に行います。
       




主旨

6月17日(木)午後、福島第一原発2号機電源喪失水位低下の事故
が発生しました。

発電機の停止で原子炉自動停止、外部電源遮断の上に非常用ディ
ーゼル発電機がすぐ作動せず、電源喪失となり給水ポンプが停止、
原子炉内の水位が約2m低下、約15分後に非常ディーゼル発電機
が起動し隔離時冷却系ポンプによる注水で水位回復するという、深
刻な事態でした。 東京電力は事実経過を明確にしておらず、真相は
まだ闇の中です。

原子炉緊急停止後、電源喪失が長引けば、燃料の崩壊熱を冷却する
冷却水が給水されず、水位がさらに低下し、むき出しの燃料棒が崩壊
熱により溶け、炉心溶融=あわやメルトダウンという、スリーマイル
原発事故型の最悪の事態に至る可能性がありました。

本来、冷却材喪失事故時に緊急炉心冷却装置により原子炉への注水
を行い、燃料の露出による破損を防止し、冷却材喪失事故と外部電源
喪失事故が同時に発生した場合でも、非常用ディーゼル発電機が
起動し緊急炉心冷却装置への電源供給を確保することになっています。
が、今回の事故では、非常用ディーゼル発電機の起動が大幅に遅れ
ました。

保安規定上は外部電源の喪失信号を受け、非常用ディーゼル発電機
は10秒以内で自動起動し、緊急炉心冷却装置ポンプへ電源を供給
することになっているとされ、外部電源喪失を模擬した柏崎刈羽1号機
系統機能試験のデータでは発電機起動が7.6秒とされています。
しかし、今回は約15分との報道もあります。これは誠に由々しき事態
です。

東京電力は当初、発電機が停止した原因を「発電機そのもののトラブ
ル」と説明、18日になり「外部からの電源の供給が何らかの原因でス
トップしたため保護装置が働いて発電機が止まり、その結果、原子炉
の自動停止に至った」と福島県に報告しました。が、この件を報道機関
に発表していませんでした。

東京電力は事実経過を明らかにすべきです。 今なお隠蔽的対応を
することは福島県民を冒涜するもので、許されるものではありません。
県民の安全・安心の確保のため、私たちは、東京電力に対し、上記の
通り申し入れます。

以上
[PR]
by nonukusfukushima | 2010-06-22 03:05 | 参加の呼びかけ