やめよう!プルサーマル市民集会

老朽原発で期限切れMOX燃料を使うな!
耐震安全性の確認が先だ!


 ● 日時 4月25日(日)午後1時30分~4時30分
 ● 会場 いわき市文化センター 2階 中会議室  
 ● 整理券 資料代500円
 
 ● 問合せ先 脱原発福島ネットワーク
       事務局:TEL/FAX 58-5570




みなさま。
新しい春が巡ってきました。お健やかにおすごしでしょうか。

今年の春は、気がかりなことができました。
それは、福島第一原発3号機でのプルサーマルの受け入れを佐藤
雄平福島県知事が表明したことです。せっかく11年もストップ
してきたプルトニウムの利用を認めるなんて、本当に困りました。

しかし、私たちも黙って見過ごすことはできません。
これまでもそうしてきたように、県民、市民の小さな力を寄せ合い、
みんなの力で、危険なプルサーマル計画をストップさせる決意です。

みなさん、
一緒に考え、手を取り合って、プルサーマルをやめましょう。

4月25日(日)の午後1時30分から、いわき市文化センターで、
「やめよう!プルサーマル市民集会」を開催いたします。
テーマは
「老朽原発で期限切れMOX燃料を使うな!
 耐震安全性の確認が先だ!」。

これまで私たちと一緒に、脱原発を進めてきた二人の講師、
阪上武さんと東井伶さんをお招きしました。

● 双葉断層に近い福島原発、豆腐のような地盤に原発をつくって
 大丈夫なのでしょうか?
● 12年も貯蔵しているMOX燃料が本当に安全なのでしょうか?
● 老朽炉である福島第一原発3号機がほんとうに大丈夫なの
 でしょうか?
● 使用済み燃料は本当に運び出されるのでしょうか?

「原発震災」の恐怖が現実となり、国や電力会社が主張してきた
「原発安全神話」が崩壊しました。多くの市民の皆様に、ほんとう
のことを知って頂きたいと思います。

何とぞご協力、ご支援の程、よろしくお願い申し上げます。     
             
2010年4月1日
[PR]
by nonukusfukushima | 2010-04-07 09:49 | 参加の呼びかけ