【賛同急募】福島県に対するプルサーマル拒否の要請

…………………………転送・転載歓迎…………………………

みなさまへ
脱原発福島ネットワークの佐藤和良です。

1月20日の東京電力の福島県に対するプルサーマル実施要請以来、
1月21日福島県エネルギー政策検討会の幹事会、2月1日の本検討
会と相次いで開催され、雲行きが怪しくなりました。

県内新聞社は、2月16日からの県議会前に再度検討会の開催、
議会での知事の受け入れ表明、6月定検でのMOX燃料装荷など
との観測記事を流しており、予断が許せません。

このため、福島第1原発3号機でのプルサーマルの実施を認めるな!
の1点で、福島県内の団体が党派などを超え統一して、それぞれの
立場から、下記の通り、県に申入れ行動を行います。



● 日時:2月10日(水)午前10時30分 より 
● 場所:福島県庁
● 対応者:内堀雅雄福島県副知事
● 集合:午前10時 福島県庁西庁舎2階県民ロビー
    *申入れは代表者となります。 

要望書は、貼付のとおりです。
ぜひ多数のご協力をお願い致します。

賛同頂けるときは、下記アドレスに、団体名と御連絡先を
お知らせください。
提出以外非公開の場合は、「非公開」と明記してください。

●締め切りは、2月9日(火)午前中です。よろしくお願い致します。
E-mail   kazu_obr@f3.dion.ne.jp






●要望要旨
1、福島県は、運転34年を迎える老朽炉・福島第一原発3号機での
 プルサーマル実施は認めないこと。
2、福島県は、福島県エネルギー政策検討会「中間とりまとめ」に
 関するこれまでの検証結果を県民に説明し、県民の声を聞く機会
 を設けること。
3、福島県は、福島県エネルギー政策検討会「中間とりまとめ」に
 おける問題点および提言について、問題点が解決されず、提言も
 未達成である現状を直視し、国・事業者に提言の実現を強く求め
 ること。
4、 福島県は、東京電力福島第1原発3号機用MOX燃料のうち、
 製造後10年以上貯蔵し品質保証のないベルゴニュークリア社製
 MOX燃料の破棄を事業者に求めること。
5、福島県は、国・事業者に対して、東京電力福島第1原発3号機
 の耐震安全性評価の提出を求め、新潟県中越沖地震及び静岡地震
 等最新の知見に基づき、専門家の意見を聴きながら、その耐震
 安全性評価結果を検証すること。
[PR]
by nonukusfukushima | 2010-02-06 13:50 | 参加の呼びかけ