プルサーマル等の議論再開について知事・県会への要望への団体賛同募集

みなさまへ

脱原発福島ネットワークの佐藤和良です。

7月6日、佐藤雄平福島県知事はプルサーマルを含めた原子力政策
の議論再開を表明しました。




7月17日、福島県議会は、エネルギー政策議員協議会を開きます。

協議テーマは、2項目です。
第1は、2002年10月に、東京電力の不正事件を受け、国と東京電
力に対して、プルサーマル計画の凍結やエネルギー政策全般の見
直しなど10項目を全会一致で採択した「原子力発電所における信頼
回復と安全確保に関する意見書」の取り扱い。
第2は、東京電力が国に提出した耐震安全性評価の中間報告の内
容について、とされています。

このため、プルサーマルを含めた原子力政策の議論再開について、
福島県知事と県議会議長に要望書の提出を行います。
緊急ですが、この要望書の賛同団体を募ります。
要望書は、リンク先に貼付のとおりです。

 県議会への要望書
 知事への要望書

ぜひ多数のご協力をお願い致します。

●佐藤雄平福島県知事には、下記3点の要望です。

1、プルサーマル計画の白紙撤回及び福島県エネルギー政策検討会
「中間とりまとめ」における核燃料サイクルの見直しを堅持する。
2、県民の安全・安心を最優先に、国の原子力政策と東京電力福島
第1原発3号機用MOX燃料の健全性及び東京電力の耐震安全性評
価を検証し、福島原発の安全を確保する。
3、 福島県エネルギー政策検討会の再開に当たっては、情報公開を
徹底し、テーマ公募、公聴会開催、県民参加による仮称「県民部会」
の設置など、県民参加の開かれた論議を進めること。

賛同頂けるときは、
下記アドレスに、団体名と御連絡先をお知らせください。
提出以外非公開の場合は、「非公開」と明記してください。

締め切りは、7月16日(木)午後6時です。
よろしくお願い致します。

E-mail   kazu_obr@f3.dion.ne.jp
[PR]
by nonukusfukushima | 2009-07-15 19:45 | 参加の呼びかけ